Grade 4

10月22日(4A)道徳「茶道」

2020-10-22
茶道

 茶道の先生からは、千利休を家祖とする三千家の一つである武者小路千家(むしゃこうじせんけ)について歴史や作法について詳しく教えてもらいました。また、畳のヘリを踏んではいけない理由や、お茶の立て方等の丁寧な授業のあと、季節を感じるお菓子(朝倉街道の和菓子店:松庵)とお茶(八女茶)をいただきました。
 飲むときは時計回りに回し、飲み終わったときは半時計回りに回しました。武者小路千家では、お茶をあまり泡立てないこと、お菓子の色はできるだけ薄くしてもらうように和菓子店に依頼していることなども教えてもらいました。
 和菓子はみんなおいしいおいしい!と、国語の「一つの花」で学んだ「もう1個ちょうだい」を連発していました。