学校紹介

学校名の由来

 「リンデンホール」はアメリカ・ペンシルベニア州リティッズ市に1746年に創設された260年の伝統と歴史を持つアメリカ最古の学校です。
 リンデンホールという名前は、リンデンバウム(西洋菩提樹)からとられていて「知的で尊敬される挑戦」を表わしています。
 「リンデンホール」校内にラテン語で “Non Scholae Sed Vitae Dis Cimus”と書かれたモットーの意味は、“Not just for school but for life”「学校だけでなく人生の為にも」という意味です。
 リンデンホール校と都築学園は以前から姉妹校として国際交流を行なって参りました。そこで、当校開設にあたり由緒ある歴史と校名をいただくことになり「リンデンホール小学校」と名付けました。
 リンデンホールスクール小学部のシンボルツリーであるリンデンの樹(リンデンバウム=シナノキ科西洋菩提樹)は、シューベルトの名曲「菩提樹」としても歌われており、とくに初夏には香りのよい淡黄色の花が咲き、美しい緑葉とかわいらしい実をつけます。また、秋には黄葉します。生育すると高さ50メートルになる樹です。