教育プログラム

道徳

道徳 道徳

稲作
日本の源流である稲作

古来より脈々と受け継がれてきた稲作は、日本文化の原点です。水を湛えた田んぼに丁寧に苗を植え、雨や風や台風の中、害虫や病気と闘いながらすくすくと育っていく稲を見守ります。夏には青田を渡る南風を感じ、秋には頭を垂れる黄金色の稲穂を刈り取ります。

陶芸
火と土の芸術

有田焼、上野焼、伊万里焼、小石原焼などの陶芸の里を活かし、本格的な陶芸を学びます。陶芸館には焼き窯を設備し、小学校の6年間をかけて日本の伝統文化である陶芸を学んでいきます。土に触れ、形を造り、一つの茶碗を炎を通して創造することは決して容易なことではありませんが、一つひとつじっくりと取り組んでいきます。 独創性、個性を大切にしながら物を作ることの楽しさを伝えていきます

茶道
茶の湯を学び、その精神に触れる

陶芸館と隣接する本格的な茶室と庭。落ち着いた雰囲気の中で自作の茶道をたしなむことは、大変貴重な体験です。自分で造った茶碗を使用して古市古流の茶道の授業を受けます。