学校生活

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア

シェフ紹介

松島さん熊本県出身・元全日空ホテル副料理長

プロの味であり家庭の味であり、なおかつ子供たちが喜ぶような味付けをしています。

今までの経験を生かして、プロの味であり家庭の味で、なおかつ子供の口に合わせるように、そして、子供が喜ぶように心をこめて作っています。
和食は特に「見た目」が大切なので、子供たちの目線から「食べたいな」と思うような盛り付けになるように気をつけています。手作りにこだわりをもっています。1分、1秒でも出来立てを食べてほしいので、出来るだけ温かい状態で準備しています。
みなさんには、嫌いなものでも一口は食べてほしいです。一度「嫌い」という観念は捨てて、食べず嫌いにはならないでほしいな。

 

栄養士紹介

野口先生 福岡県出身

化学調味料は極力使わず、自然の味付けを。食材は地元で取れたものを中心に福岡産、九州産にこだわった献立づくりにしています。

リンデンホールスクールのランチは、完全自校式でこちらのカフェテリアでつくっていますので、出来立てのあったかい状態での提供が可能です。
作る側と食べる側が顔を見合わせることができるので、児童の好みがすぐに分かります。
野菜嫌いな児童でも、食べられるような味付けに調理し、見て食べたくなるような、食べて心が喜ぶような盛り付けを心がけています。
将来のある子供たちの食事は安全で安心できるランチを準備することが私たちスタッフ一同の役目だと思っています。
化学調味料は極力使わずに、自然のだし、昆布、鰹節、いりこ、しいたけを使用しています。
主食は発芽玄米にこだわり、季節の野菜を豊富に使い、毎日果物、野菜ジュースを取り入れています。
食材は地元で取れたものを中心に福岡産、九州産です。本校では、リンデンファームからとれた食材をその日のランチに提供することもあります。
野菜を好きになってもらいたい、でもおかずに箸をつけてくれなければ、栄養になりません。
野菜も残さず食べてもらえる献立作りが私の課題です。試作し、試食を繰り返し、献立を作っています。
大切な育ちざかりの時期に偏った食事では健康を損ねてしまいます。
バランスのよい和食中心の食事でよい食習慣が身に付けられるようにスタッフ一同児童に喜んでもらえるような食事づくりに努めています。

 

カフェスタッフからのメッセージ
  • 「素材のおいしさを知ってほしい」
  • 「リンデンファームでもっと沢山の野菜や果物を育てて、収穫して、食べてほしい。」
  • 「いっぱい食べて大きくなってほしい。」
  • 「毎日直接みんなの顔を見て、どんな顔をして食べているかを見ることができるので嬉しい。「今日のこれおいしかったから、お母さんに作ってもらおう。」とか「これは何というメニューですか?初めて食べました。」とか色々な声を聞くことができて嬉しい。」
聞き手より

♪松島さん、栄養士の先生、カフェのみなさんにインタビューをした時、「子供たちへの愛情」を感じました!