施設紹介・寮[Facilities・Dormitory]

施設紹介

■写真をクリックすると拡大写真が表示されます

福岡県太宰府市に2004年4月、開校

 

温もりがあり明るい校舎、そしておもいっきり楽しめるアスレチックゾーンに礼儀作法を学べる茶室など、 様々な用途に適応した施設で子どもたちは個性を伸ばし、健やかに成長していきます。

※360度のパノラマ画像で各施設の様子を閲覧することができます。
パノラマ画像が再生できない場合は ≫ こちらをご覧ください。

本校舎

リンデンバウム(菩提樹)の葉っぱの形をした総ガラス張りの斬新なデザインの外観。室内はリンデン科の木材をふんだんに使用したぬくもりのある空間で、子ども達のことを第一に考えた設計になっています。

▼アトリウム

安全性
全面ガラス張りで採光が良いだけでなく、セキュリティを重視し、どこからでも子ども達の姿が見えるように配慮しています。
快適性
紫外線を大幅にカット。遮音性にも優れ、結露も防止する特殊二重ガラスを採用しています。空調は完全冷暖房完備です。
環 境
福岡県⟨美しいまちづくり⟩最優秀受賞
1階
教室(1年)
図書館
上級学年校舎
1階
教室(4年)
講堂・体育館

屋内スポーツ以外にも、いろいろなイベントにも利用できるよう、音響、照明設備も最新の機器を備えています。シャワールームも男子用、女子用とそれぞれ3つ完備しています。

カフェテリア・リンデンバウム

カフェテリアは子ども達や先生が楽しく集い、みんながコミュニケーションをとる場所でもあります。献立は、栄養士が子ども達の健康と好みを配慮しながら作ります。発芽玄米や野菜ジュースなど食材にもこだわり、アトピーやぜんそくにも対応していきます。


 

キャンパス内にあるオシャレなロッジの寮。ドミトリーマスターがともに生活するので安心ですし、アットホームな雰囲気で、落ち着いて生活できます。

リビング
生徒部屋
メインゲート
水田・畑・果樹園

学校内の敷地内にある水田や畑では、自分たちの手で食物を自然栽培で育て、収穫します。食生活を考える貴重な体験です。
【自然栽培で育てる作物】
稲、ブルーベリー、キウイ、リンゴ、ブドウ、ミカン、トマト、イモ、ナス、大根、桃、レモン、梅、グミ、さくらんぼ etc.

ビオトープ

ビオトープ(自然生態系環境)は、様々な生き物が一つの自然生態系をなしている空間のこと。自然のままの生き物に触れることができます。心を癒してくれる森林の澄んだ空気と木々の音。自然に囲まれた贅沢な空間です。
【生息する生き物】
鯉、ザリガニ、沢ガニ、タニシ、おたまじゃくし、めだか、トンボ etc.

グラウンド
グラススキーエリア
茶室
陶芸館
水車小屋
アスレチックゾーン

ターザンロープ、冒険丸太渡り、つり橋など、約20種類のアスレチック器具があります。子ども達にも大人気です。遊びの中で子ども達の冒険心を満たし、優れたバランス感覚を育みます。